Pocket

EQ
前回のコンプ編ほど難しくありません!しかも効果が感じやすい部分でもあります。
気が向いたら、加筆するかもしれませんが、要点は書いたので公開します、

◆はじめに
コンプをがっつりかけた時、音が明瞭になった感じがしたかと思います。
似たような効果をEQでも実現出来ます。

または、コンプをかけたときに逆にモワモワした質感もプラスされちゃってるかもしれません。そこをEQでスッキリさせます。

◆目次
①EQの心得
②高音域の調整
2、4、5、8、10khz
③中音域の調整
300、1000Hz
④低音域の調整
130Hz
(数値は大体でございます><)

◆解説

①EQの心得
・Qを狭く、ブースト大げさにしてポイントを探る。
・アナライザーをみて、倍音があるところを狙ってそこを中心にブースト(またはカット)するとよい。
・目立たせたい周波数があった時、単純にブーストするか、その周りをカットして目立たせるかはそのとき次第。
・ボイスサンプルなので、スパイス程度に。

②高音域の調整
ここは主に音量を持ち上げてあげます。

目次で掲げた周波数がどんなキャラクターなのか、書きますので、お好みで調整してあげてください。

・2kHz
音の厚みが出て、距離感を変えやすいです。
人の声の第5倍音あたりがこの付近にきます。
歌ものとかでもちょっとブーストしてあげますね。やりすぎると鼻声っぽくなるので注意

・4kHz
k,p,tの成分がここら辺にあります。
あとは可愛らしくなるポイントもここら辺らしいですよ。
3~4kHzあたりは母音が目立ちやすくもなるみたいです。

・5kHz
歯擦音の周波数帯域です。
tとかsとかが対象になります。

前回の方法でコンプをかけた場合、結構目立つかと思います。
子擦音が耳障りな場合、EQもいいのですが、ディエッサーで調整するのも手です。これはまた今度解説します。

・8kHz
ここも歯擦音関係。前回のコンプのあと目立ってくるところです。(逆に目立たせるくらいアタックを開けてあげてください。)
また違った明瞭感を調整出来ます。
息の感じが強調できます。

・10khz
明瞭感。透明感という表現も聞いたことがあります。
ウィスパーな感じをより強調できます。
ここはそんなに効果がないかもしれません。

 

今回はここまで。
人の声の調整の中で、一番効果が感じやすいところだったかと思います。
中音域と低音域は次回解説します。こちらもじゅうようですよー。

スポンサーサイト

 

Pocket